NEWS お知らせ

COLUMN

CoQ10の筋肉増強効果

大人の事情により詳しくは書けないのですが、クライアントさんなどにCoQ10(酸化型)を4~6週間ほど摂取して頂く機会がありました。大きな研究での結果を追うのも良いですが、身近な方々の変化をモニターするのもリアリティがあり、面白いものです。

結果をご紹介する前に、超簡単にCoQ10についてまとめますと・・・

○ATP産生に関わる電子伝達系の補酵素(コエンザイム)であり

○内臓、筋肉など全身の組織に含まれており

○加齢と共に減少するもの

そして抗酸化作用も非常に強力であり、美容サプリメント、としても良く知られているのではないでしょうか。

またCoQ10の薬であるノイキノンは心臓のお薬でもあることから、心機能改善、高血圧症改善、心臓血管系疾患の予防効果も期待することもできます。不足すれば心臓の収縮力は低下し、不整脈になるわけですね。これは筋肉でも同じ。

しかし「筋肉増強効果」に関してはあまり知られていないのではないでしょうか。

ということで600mg~1200mgのCoQ10を4~6週摂取した結果を下記にご紹介させて頂きます。

○20代男性(減量中ボディビルダー)
・使用重量向上
ダンベルベンチプレス42kg8回前後→44kg12回など
・トレーニング時のスタミナ向上
・日常生活での疲労感の軽減

○20代男性(トレーニー)
・使用重量の向上
120kg12回→130kg11回(1週間で)
140kg1回→165kg1回

○男性、女性ペア(プロダンサー)
・筋肉のスイッチが入りやすい
・BCAAと似た体感
・トレーニングパフォーマンス向上
私目線ではありますが、ハングスナッチの挙上スピードキャッチの安定性など、明らかに向上しておりました。

○20代男性(輩)
・連日トレーニングできる
摂取開始後は1日しかオフを取っていないが、調子は上がっている
・CoQ10を学べた

○30代男性
・使用重量向上
チンニング自体重+30kg×6回

35kg×8回など

などなど、あくまで感覚に基づいた発言ではありますが、クレアチンくらいの効果はあると言っても良いのかもしれません。個人的には、試合前や超忙しくなりそうな日など、ここぞいう時にまとめて摂取するのもかなりオススメです。

が、しかし、活性酸素(A)除去能力のある物質というのは、除去と同時に別種の弱い活性酸素(B)を発生させてしまいます。だからこそ、B除去能力のある物質も同時に摂り、また発生したCを除去する物質を・・・とCoQ10だけ大量に増やすのは、逆効果になってしまうこともあります。ビタミンCを大量摂取していたライナスポーリングだって結局癌になったではないか、と言われますが、ビタミンEを吸収の良い形で摂れていなかった、ということもあるようです。ちなみに今回摂取して頂いた方々は全員マルチビタミンなどのサプリメンテーションも同時にしっかり行って頂いておりました。

以上ご参考にして頂ければ幸いです。

そういえば、一人「減量とかしていないけど顔が痩せたような気がする」と言っていた。メーカーさんに提出したレポートには書かなかったけど、もしかしたら抗アルドステロン作用だったのかも・・・