TRAINING MENU トレーニングメニュー

FOR CONTESTANTS

ボディビル、フィジーク大会へ出場される方、または大会レベルの肉体を目指す方

FOR CONTESTANTS:ボディビル、フィジーク大会へ出場される方、または大会レベルの肉体を目指す方

まずは、「筋肥大」

ウエイトトレーニングを始めるほとんどの方が、スタート時には、厚い胸板、太い腕、丸く大きな肩、割れた腹筋をイメージされているハズです。

しかし、ネットの情報などを元に、独学でトレーニングを行っても、結果が伴わない、または、成果がわずかしか出ない、中々イメージするカラダに近づいていかない、自分では違いを感じるが、他人に驚かれるほどの変化が表れない、といった現実に直面するケースが非常に多いようです。

そういった場合、過去半年程度のトレーニング成果を振り返ってみて下さい。使用重量はどのくらい伸びましたか?体重は?腕周りは?周囲の反応は?・・・

大多数のトレーニーに存在する盲点とは?

野球、格闘技など、他のスポーツであれば、その競技における「技術」、を向上させるよう、日々反復を繰り返すのに、ウエイトトレーニングにおいては、「技術を向上させる」という発想が欠落しているトレーニーが非常に多いです。

12年程度の指導歴ではありますが、月に120~150セッションのパーソナルを実施させて頂く中で、ダンベルベンチプレスなら片手50kg、スクワットなら180kgが挙上可能でも、技術不足で筋肉が大きくならない、という方々を数多く見させて頂きました。

断言します。もしあなたの筋肉が大きくならないとするならば、それはトレーニング方法に原因があります。栄養摂取においては、知っているか知らないか、が大きな要素となるため、あなたにとって完璧な栄養摂取プログラムは今すぐに作成することができます。

しかし、そのプログラムに則って栄養摂取を行っても、トレーニングのスタミナが向上した、疲れが残らなくなった、寝起きがスッキリするようになった、などという体感はあっても、上記のような、人が見て驚嘆するような肉体の変化は起こらないでしょう。あなたにとって本当に必要なのは、前述の通り・・・

トレーニングの技術、更に言えば、効かせる技術

ということになります。

この部分をご理解頂き、定期的に指導させて頂ければ、過去の指導経験上、「腕回り40cm以上、胸囲100cm以上」であれば、100%到達して頂けます(男性の場合です)。

誰よりも早く筋肉をつけ、周囲を驚かせましょう。お待ちしております。